ニコラ 雑誌

雑誌「ニコラ」の表紙

雑誌ニコラ」はローティーン向けのファッション雑誌です。「ニコラ」では専属モデルを「ニコモ」と呼び、雑誌の表紙は専属モデルが飾ります。ここでは、「ニコラ」の表紙モデルを紹介します。
1997年、野村祐香・ERI
1998年、吉野紗香・野村祐香・水谷妃里・栗山千明
1999年、清光りさ・栗山千明・水谷妃里・吉田桂子
2000年、谷口紗耶香・榎本亜弥子・栗山千明・高橋加奈・笹岡莉紗
2001年、清光りさ・森田美穂・小口桃子・谷口紗耶香・榎本亜弥子・小森裕佳・太田莉菜2002年、新垣結衣・沙羅マリー・美優・蒼井優・小森裕佳・日笠麗奈・虎南有香
2003年、松本玲奈・新垣結衣・虎南有香・奈良岡由紀・小森裕佳
2004年、岡本玲・丹羽未来帆・森脇ゆか・新垣結衣・虎南有香・菅聡美
2005年、森脇ゆか・新垣結衣・岡本玲・内田真莉奈・遠藤瞳・丹羽未来帆・伊藤沙耶
2006年、伊藤沙耶・岡本玲・丹羽未来帆・三原勇希・池田琴弥
2007年、伊藤沙耶・遠藤瞳・三原勇希・日南響子・岡本玲
2008年、高屋敷彩乃・岡本玲・西内まりや
雑誌「ニコラ」の表紙モデルを見ていると、現在活躍中の人いますね。雑誌から活躍の場を広げている芸能人はたくさんいるようです。「ニコラ」の影響力の大きさを感じますね。今後も「ニコラ」の表紙モデルからテレビなどで活躍する人がでてくることを期待します。

ニコラ 雑誌

雑誌「ニコラ」の姉妹誌

雑誌ニコラ」はローティーン向けのファッション雑誌です。新潮社は2006年9月に「ニコラ」の姉妹雑誌として、「ニコ☆プチ」を創刊しました。定価は500円で付録も付いています。「ニコラ」は小学校高学年から中学生を対象とした雑誌ですが、「ニコ☆プチ」は小学生向けのファッション雑誌となっています。いまどきのおしゃれな小学生のためにできた雑誌です。2月・5月・8月・11月の年4回発行される季刊誌となっています。「ニコ☆プチ」では、小学生のファッション情報はもちろん、読者モデルを募集しています。毎回「コーディネート選手権」の応募をしていて、その応募者から読者モデルを選出しているのです。読者モデルになると、専属モデルと同じく、表紙を飾ることができます。小学生の夢が広がりますね。「ニコラ」の専属モデルを「ニコモ」と呼ぶように、「ニコ☆プチ」の専属モデルを「プチモ」と呼んでいます。モデルには、松田侑花、綿貫未来月、中島愛欄、森乃美紅、瓜生美咲、脇菜々子などがいます。ニコラネットでは「ニコ☆プチ」の情報も載せています。「ニコラ」よりもさらに若い世代をねらった雑誌ですが、小学生の間では「ニコ☆プチ」も広まってきているようです。

ニコラ 雑誌

雑誌「ニコラ」以外のローティーン向けファッション誌

雑誌ニコラ」の他にも、ローティーン向けのファッション雑誌があります。ここではその雑誌を紹介していきたいと思います。まずは「ピチレモン」。ティーンズ向け女性ファッション誌「Lemon」の姉妹誌として学研から創刊され、雑誌の誌面は、主にファッション記事、ビューティー記事、芸能や占いなどのバラエティー記事などで構成されています。こちらも「ニコラ」同様、小学生から中学生の女の子をターゲットにした雑誌です。他には「ラブベリー」という雑誌もあります。「ラブベリー」は徳間書店から2001年に創刊され、12万部を発行するまでの急成長を遂げています。こちらも「ニコラ」同様、小学生から中学生の女の子をターゲットにした雑誌です。次に「ハナチュー」という雑誌です。こちらは主婦の友社から2003年に創刊。この「ハナチュー」は花の中学生という意味で、中学生の女の子を対象にしています。こちらもファッションを中心にした雑誌です。このように、「ニコラ」だけでなく、現在ローティーン向けのファッション雑誌は増え続けています。それだけローティーンの女の子たちがファッションに強い関心を持っているということでしょう。「ニコラ」はその中でも早くから発行され、現在も人気を博しています。

ニコラ 雑誌

雑誌「ニコラ」の関連商品や企画

雑誌ニコラ」はローティーン向けのファッション雑誌です。雑誌「ニコラ」からは、関連商品や関連企画がたくさん出ています。ここでは雑誌「ニコラ」の関連商品・企画を紹介します。まずは「Girl is girl by Nicola」。これは女子小中学生向けセレクトショップとして原宿にオープンし、現在ではニコラ独自展開のブランドです。次は「ガッキーブック」。これは今や大人気の新垣結衣の特集ムックです。雑誌「ニコラ」の付録扱いではなく、増刊号・特集号として2004年に刊行されました。次は「ニコモノ!」。これは「ニコラ」の専属モデル「ニコモ」が出演している番組でしす2004年にテレビ大阪で放送されていました。番組内でユニットを組んでCDをリリースしています。そして「ニコラネット」。これはニコラの公式サイトです。雑誌「ニコラ」のこと、専属モデル「ニコモ」の情報がたくさん載っています。このようにひとつの雑誌から、ブランド、増刊号、テレビ、CD、ホームページが生まれています。これは雑誌「ニコラ」の人気があってのものです。小中学生が読む雑誌から、これほどまでたくさんのものが生まれていることに、とても驚きますね。「ニコラ」はとても影響力のある雑誌と言えるでしょう。

ニコラ 雑誌

雑誌「ニコラ」とは

雑誌ニコラ (nicola) 」は、小学校高学年から中学生までの女の子を対象にしたファッション雑誌です。

新潮社から毎月1日に発行されています。

ファッションを中心に、思春期の女の子のライフスタイル情報全般を掲載しています。

雑誌「ニコラ」は、ジュニアファッションブームで注目され、「ニコモ」と呼ばれる専属モデルの人気で急成長し、ローティーンに大きな影響を与えています。

雑誌「ニコラ」のモデル出身者には、栗山千明、蒼井優、沢尻エリカ、新垣結衣などの有名人がたくさん出ていて、そのレベルの高さは認証されています。

雑誌「ニコラ」は1997年に第1号(7月号)が創刊され、第2号(10月号)より隔月刊化、2000年4月より月間化されました。

そして2007年には創刊10周年、通算100号を達成(4月号)し、月間およそ17万部を発行する、ローティーン向けではトップの女性誌となりました。ニコラは現在ローティーンのファッションリーダー的存在となっています。

近年では小学生から読むファッション雑誌があることに、まず驚いてしまいます。ニコラという雑誌を読んでいなくても、その存在はローティーンの間では知れ渡っています。それほど、ファッションへの関心が低年齢化していることが言えるでしょう。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。